ターミナルやコマンドを使わない、かんたんGitの使い方 (Mac+Visual Studio Code)

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)
Gitコマンドって、ターミナルにコマンド入れなきゃいけないの?コマンド覚えるのが大変そうだなぁ

いえいえ、そんなことありません。ボタンをぽちぽちしていくだけでも十分使えます。

今回は、自分のローカル環境でバージョン管理していくやり方について説明していきます。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方 (MacとVisual Studio Code)

GitをMacにインストール

まずは、Gitをインストールします。

Git のインストール 〜Git をMacにインストールしよう〜

Gitのインストール

Visual Studio Codeを開く

Visual Studio Codeを開き、テーマの置いてある場所を開きます。

画像だと、twentynineteenのフォルダを開いたところです。

ソース管理ボタン(Yみたいなマーク)を押し、gitリポジトリ作成ボタンを押します。

バージョン管理したいフォルダーを選択します。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

すると、テーマのフォルダに.gitという隠しファイルができます。

この.gitフォルダを消すと、今まで記録したgitのバージョン情報が全て消えます。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)うっすら存在している

 

初期設定では、Macは隠しファイルやフォルダが見えないので、
包み隠されずに全てを見たい人は以下のページを参考に、表示してみてください。隠しファイルが見えないのが嫌じゃなかったらそのままで問題ないですが、コーダーなら、見えていた方がいい気がします。
Mac – Finderで隠しファイル・フォルダを表示する方法
Visual Studio Codeに戻り、ソース管理ボタン(Y)を見ると、90という数字が見えますね。これが、Gitが見つけた、ソース管理対象のファイルの数です。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

最初のコミットをする

なんでもいいですが、コミットメッセージを「1st commit!」として、✔︎をクリックします。これで、初期状態のコードがgitに記録されました。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

ファイルを更新&バージョン管理する

404.phpのファイルを開き、コメントアウトに”this is a test” と打ち込みます。

Ctrl + Sで保存しすると、ソース管理マークに1 と表示され、gitに変更が検知されます。

404.phpの横に、Mマークも表示され、Modified という状態であることがわかります。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

コミット前後でバージョン比較する

ファイル(404.php)をクリックすると、1つ前のバージョンと、直近で編集した内容を比較できます。通常、コミットする前に新旧のコードを比較し、どこを直したのか、直した箇所は問題ないかのチェックを行います。

会社とかだと、先輩社員のコードレビューでOKだったらコミットする、という流れがよくあります。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

ファイルごとのヒストリーを見る

404.phpを開き、右クリックしてGit: View File Historyをクリックします。
ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

404.phpの変更を含むコミットの履歴一覧が表示されます。

比較したいバージョンを選択し、そのバージョンのファイルをクリックします。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code) すると、ドロップダウンが表示されるので、実施したい操作を選択します。

ターミナルでコマンドを使わない、かんたんGitの使い方入門 (Mac,Visual Studio Code)

以上、Gitの使い方入門でした。

もしコミット、リポジトリなどの意味がわからなければ、以下のサイトの説明がわかりやすくてオススメです。

サルでもわかるGit入門

まとめ

Gitがあると、みんなで協力してコードを書くことも、1ヶ月前の自分で書いたコードの意味を理解するのもかんたんで、安心してコードを変更できます。

もしサイトがまっしろになってしまっても元に戻せます。

以上となります。